So-net無料ブログ作成
検索選択
汗かき ブログトップ

汗の臭いを消す方法って知ってる? [汗かき]

こんにちは~、今日も一日頑張っていきましょうね。。

他人の汗の臭いも当たり前のことですが気なんですが、自分の汗の臭いはそれ以上に気になってしまいますよね。

「ひょっとすれば、貴方の汗の臭いで周りの人が不快な思いをしているのではないか」などと、真剣でお悩みの方もいらっしゃるでしょう。



それでは、汗臭い臭いを解消するためにはどうすればいいのでしょうか。

まず、臭いがしない汗をかくようにする為には、不活発な汗腺の働きを活発にさせて、常にサラサラの汗が出るようにします。

具体的には、毎日運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)をしたり、ゆっくりと入浴(最近では、全身ではなく、下半身だけ浸かる半身浴も流行していますね)したりすることで、数多くの汗を流すようにします。

そうしたら、眠っていた汗腺の働きが活発になりますよ。



また、汗の臭いを元から断つという事で、生活習慣から見直してみましょう。

肉中心の食生活を送ることにより、体温が上昇し、ベタベタした臭いのある汗をかきやすくなりますから、野菜(不足がちだといわれていますね。

でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)中心の食生活(親の影響を大きく受けやすいため、肥満の親に育てられると子どもも肥満になりやすいです)に変更する場合をお勧めします。

水分も、最低でも1日に2リットルは摂って欲しいものです。



ストレスを溜めない為にも、毎日の生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)に軽い運動やウォーキング(日本スリーデーマーチや龍馬ハネムーンウォークin霧島など、ウォーキングの大会も開催されています)を取り入れるのも良いでしょう。

このような生活習慣(主に、食生活や運動量、睡眠時間、喫煙や飲酒などの習慣を指します)にかえる事で、体の中から健康になり、サラサラの汗が出るようになります。

それに、毛深い方だったら、脱毛する事で汗の臭いが解消される場合があります。



男性の場合は少し抵抗があるかもしれませんが、汗の臭いが気になる場合には、季節を問わず脱毛するようこころがけてみてくださいね。



といったところで、今日のところはここまに、さようなら~☆


この記事の関連ワード
漢方 マビノギ 制汗剤 ツボ ボトックス 


汗かきと運動について! [汗かき]

汗かきと運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)の関係性って、か?

汗かきだと、ちょっと動いただけでも恥ずかしいくらい汗をかいてしまうので、運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)するのが嫌だと思うこともあるかもしれませんね。



また、ただでさえ汗かきなのに、運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)なんてしたら、更に、汗かきになってしまうと心配になる人もいるみたいです。

でも、運動不足の人は、頻繁に言われている悪い汗をかきやすい状態になっているんです。

悪い汗とは悪臭がしたり、雑菌が繁殖しやすい汗のことです。



これは運動不足(ジョギング、ランニングが流行していますが、これまであまり運動していなかったのにいきなり長時間赭ったりすると、膝の故障などが起こってしまいます)のせいで、皮膚(なにやら常在菌がいるとかいうお話しですが、それはちょっと怖いかもです)の抹消血管の血行が悪くなり、汗腺にきちんと酸素が供給されなくなるために起こります。

また、運動不足(現代人は運動不足の人がほとんどでしょう。運動不足は生活習慣病や肥満にも繋がるといわれています)だと皮下脂肪が厚くなって、肥満(体重や体脂肪が多すぎることをいいます)になりがちです。



皮下脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)が厚いと、体の熱が外に逃げにくくなり、汗をかきやすくなります。

脂肪が体の熱の放出をブロックしてしまったりするのは、みるからに肥満体型(体重だけでなく、体脂肪率も気にする必要があります)の人だけじゃなく、内臓脂肪(中高年男性は定期的に健康診断などでチェックした方がいいでしょう)がついている隠れ肥満(肥満だという自覚がない分、進行しやすいかもしれません)の人でも同じです。



中肉中背、あるいは、痩せているのに汗かきだという人は、もしかして、隠れ肥満(運動不足で偏食気味の方は要注意でしょう)なのかもしれません。

若い頃はそうでもなかったのに、中年になって急に汗かきになったという方は、一度健康診断(勤め先などで年に一度実施することも多いですね)を受けてみて下さい。

いずれにしても、汗かきで悩んでいるのなら、できるだけ毎日、有酸素運動を行い、良い汗をかけるようになっましょう。



運動不足(ジョギング、ランニングが流行していますが、これまであまり運動していなかったのにいきなり長時間赭ったりすると、膝の故障などが起こってしまいます)を解消することで、動いても汗をかきにくくなることもあるでしょうし、汗をかいても臭いづらくなると思います。

ウォーキングやサイクリング(ポタリング、ファースト・ラン、ツーリングなどに分けることができます)などの体への負担が少ない有酸素運動を一日30分以上行うのが、汗かきの改善のためにもなるでしょう。



さてさて、・・・と、書いてみるテスト


この記事の関連ワード
ボトックス 手術 ギター マビノギ 制汗剤 


汗かきの原因ってなんでしょう? [汗かき]

グッドアフタヌーン(気取りすぎ?今日もお付き合いありがとうございます。

他の方が涼しい顔をしている時に、自分だけ汗をダラダラ流していると、「ひょっとすれば自分は汗かきなのでは?」なんて心配になってしまいますよね。

もちろん、何かの病気(先天的なものも少なくないでしょう)が原因で汗かきの方もいらっしゃいます。



多汗症や甲状腺異常のバセドウ病等がのだとかね。

もし、心配なようなんだったら、内科で一度検査をしてみるといいかも知れません。



けれど、別に体調の異常を感じていないような場合には、以下の原因でも汗をかきやすくなるようです。

・肉類や脂が多いものを好んで摂取している。

・香辛料を多く含んでいる辛いものをよく食べる。

・頻繁にアルコール(メチルアルコール、エチルアルコールなどの種類があります)を摂取している。

・毛深い。

このような場合には、汗を分泌する腺である汗腺が刺激されて、汗をたくさん出す事に繋がります。



また、ストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)により多量の汗をかく事があります。

これは病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)とも深く関連性があるんですが、不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)や緊張といった大きなストレスを感じた時に、普通の人よりも多く汗が出てしまうといった事がよくあるのです。



汗をかく部位としては、脇の下や顔、頭(インドでは子どもだからといってなでたりすると、とても失礼な行為になるそうです。

神様が宿るところだから触っちゃダメなんだとか)部、手の平、足の裏が多いようです。



こういった場合には、どれだけ生活習慣を改善しても汗かきの根本的な改善には繋がりませんので、専門の医師に相談してみて下さい。

それに、不思議だと思われるかもしれませんが、実は冷え性(自律神経失調、鉄分不足、ホルモンのバランスの崩れなどが原因になるようです)の方で汗かきとおっしゃる方も結構珍しくないのです。



これは、体の冷えが強くなると、本能的に体を温めようと急激に熱を発し、その結果、大量の汗をだしてしまうからです。

このようなケースの場合だったら、冷え(冷えを改善するためには、口に入れるもの、つまり、食生活と生活習慣を見直す必要があります)を改善すると汗かきも改善されるみたいですね。



さてと、・・・と、書いてみるテスト


この記事の関連ワード
手術 緊張 ハンドクリーム フォークダンス 解消法 


コンタクトで見える世界

汗をかくのは代謝がいいって本当? [汗かき]

おはようさんですー!皆さま、お元気ですか?

サウナなどで汗をすごくたくさんかいていると、なんとなく身体の代謝が高まって健康にも良い印象がありますよね。

けれど、実はそれは間違いです。



汗をたくさんかいたからと言っても、それで代謝が高まったと言う事はありません。

「自分はよく汗をかくから、代謝がいい」と思っている方がいらっしゃるみたいですが、決してそうではないということでしょうね。

代謝とは身体内のエネルギーを消費することで、代謝が良いと言う事はこの身体内のエネルギーの消費が正常におこなわれていると言う事です。



つまり、汗をかく事と代謝がいいという事は、無関係だと言う事なのです。

もちろん、汗をかかないと身体の体温(体の温度のことですね)調整ができなくなってしまうこともあり、決して身体にいい事ではありません。

そして、もう1つ大事な事は、代謝をすることでその際に熱も発生する為、その熱を体の外に放出する必要が生じるのです。



けれど、汗をかかない状態が続いてしまうと、この体温(平均体温が1℃上昇すると、免疫力が約60%も活性化するといわれており、風邪などで発熱するのも体の防衛反応の一環だと考えられているのです)調整を行う汗腺の働きが弱くなってしまうため、身体は仕方なく代謝を抑制する働きをしてしまうようのですよ。



そのため、汗をかかないで汗腺の働きが悪くなると、最終的には汗をかけない状態となって、低代謝状態に陥る危険性もあると言った訳です。

汗をたくさんかく事は、それだけでは代謝が良いということにはなりません。



でも、汗をかいて汗腺の働きを活発にしてあげる事は、代謝を悪くしない為にも大切なことなのです。



というわけで、明日はいい日だ。がんばろ~^^


この記事の関連ワード
手術 ハンドクリーム 緊張 ボトックス ツボ 


汗かき ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。