So-net無料ブログ作成

自律神経と手汗のこと [手汗]

おはようですー。今日も読んでくれてありがとうございます。

手汗の原因が自律神経にあるという事は、よく知られているよく知られていることではないでしょうか。

手汗をかく人の全員が自律神経(自分の意思で意識してどうにかすることは難しいといわれています)の問題をかかえているわけではありませんが、それが原因で手汗をかくという人も多いです。



自律神経(バランスが崩れてしまうと、自律神経失調症になってしまいますが、その症状は人によって違います)とは、交感神経(興奮状態にあったり、激しい活動をしている時に活性化する自律神経系の一つです)と副交感神経から出来る為いて、身体を興奮状態にしたり、リラックス(不安や緊張などのネガティブな感情が一切ない状態のことですね)状態にしたりという役割を持っているのです。

これらは、自分で意識してコントロールするのがむつかしいのが特徴でしょう。

自律神経の働きが乱れてしまうと、必要以上の興奮状態・緊張状態となってしまって、その興奮や緊張によっても手汗が増えてしまうと言ったケースがあるのです。



つまり、自律神経の乱れを治す事で、手汗を緩和させることもある程度は可能なということになります。

もともと自律神経は、自分ではコントロール(技術面だけでなく、メンタル面でもできるようになるといいですよね)出来ないものの上に、自律神経失調症(全身に不調が現れることが多く、病院で検査しても原因がわかりません)などによって働きが乱れてしまうと、ますますさまざまな悪影響(青少年への影響が懸念されることが多いものですが、実際にはそれほど影響がないことも)が出てくるようになってしまいます。



交感神経が強く働いて、緊張状態が続くことで発汗が促される傾向があるため、逆に副交感神経(睡眠中やリラックスしている時に活発に働き、体の修復などを行います)が働いたリラックス状態にすれば、自然と発汗も減ると言った考え方になります。

要するに、緊張状態を和らげる事で、発汗を減らすことが出来るということですねから、自律神経を正常に保つということが、いくら手汗に影響を及ぼすかが分かっていただけるとなるのです。



自分ではコントロール出来ないと言われている自律神経(交感神経系と副交感神経系で構成されているようです)かと言って、整えたり訓練するというのはあるていど可能だといわれているのです。



さてさて、じゃんじゃん


この記事の関連ワード
ギター フォークダンス 緊張 解消法 ハンドクリーム 


手汗がでる原因! [手汗]

GoodAfternoon!今日もお付き合いありがとうございます。

手汗が出るというものは人間に取って、ごく当たり前の生理現象です。

しかし、手汗が出過ぎてしまうと、困ってしまうはずです。

日本人(出身県によって様々な個性があるものです)の場合、手汗のかき過ぎで悩んでいる人は、100人に1人いると言われています。



100人にひとりって、結構な高い確率だと思わないですか?

実は、手汗が出過ぎてしまう明確な要因は、未だ解明されていません。

ただ、手汗を人よりも多くかいてしまうというのは、やはり、身体的な病気(先天的なものも少なくないでしょう)と言うよりも、精神的な物が大きく作用していると言われています。

手汗で悩んでいる方の中には、生まれつき(先天的、先天性という表現が使われることもあります)や遺伝だと思っていたり、体質(体型や性格など、それぞれの要素がお互いに影響しあって形成されるといわれています)のせいだと思っている方も少なくありません。



そのせいで手汗を改める事が出来ないと諦めてしまっている方も、悩む人の中にはたくさんいらっしゃいます。

でも、手汗が出過ぎるのは多汗症(以前は精神的なストレスや緊張などが原因だといわれていました)の一種で、一般的に精神的な緊張が原因だと考えられているのです。

例えば、誰かと握手しなければならない状況に至った時、自分は手に汗をかきやすいから、相手に不快な思いをさせてしまうのではないかと不安に思う事が多いなんですよ。



不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)に思えば思うほど、手の汗の量は増加してしまうという悪循環(対義語は好循環でしょう)を生みだしてしまいますね。

手汗がひどくなる場面は、その人によって違ってくると思います。

そして、手汗で悩んでいる人のほとんどは、寝ている間や何の緊張も感じないようなリラックス(上手にリラックスできないと、ストレスが溜まってしまいますから、自分なりの方法を見つける必要があります)している場面では、手汗をかかないというケースがほとんどです。



ですから、手汗の出過ぎを改善させるには、手術などを行うのではなく、不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)や緊張する場面を把握し、その緊張や不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)に対して、自力で対策を考えることが必要なのです。



ではでは、また会えるのを楽しみにしてま~す♪


この記事の関連ワード
ボトックス 漢方 ツボ ギター がすごい 


手汗と自律神経について! [手汗]

こんにちは~、皆様お元気ですか?

手汗の原因が自律神経にあるということは、よく知られている有名なことと思います。

手汗をかく人の全員が自律神経の問題をかかえているわけではありませんが、それが原因で手汗をかくという人も多いんです。



自律神経とは、交感神経と副交感神経から可能だからいて、身体を興奮状態にしたり、リラックス状態にしたりといった役割を持っているのです。

これらは、自分で意識してコントロールするのがむずかしいのが特徴です。

自律神経の働きが乱れてしまうと、必要以上の興奮状態・緊張状態となってしまい、その興奮や緊張によって手汗が増えてしまうというケースがあるでしょう。



つまり、自律神経(交感神経系と副交感神経系で構成されているようです)の乱れを治すことで、手汗を和らげることもある程度は出来るということになります。

もともと自律神経(上手く働かなくなると、全身に深刻な不調が発症するでしょう)は、自分ではコントロール(技術面だけでなく、メンタル面でもできるようになるといいですよね)出来ない物の上に、

自律神経失調症(不規則な生活やストレス、女性ホルモンの影響など、人によって原因も異なります)などによって働きが乱れてしまうと、ますますいろいろな悪影響(青少年への影響が懸念されることが多いものですが、実際にはそれほど影響がないことも)が出てくるようになってしまいます。



交感神経(昼間の活動中に働くことの多い自律神経系ですね)が強く働き、緊張状態が続くことで発汗が促される傾向があるため、逆に副交感神経(睡眠中やリラックスしている時に活発に働き、体の修復などを行います)が働いたリラックス状態にすれば、自然と発汗も減ると言う考え方なんです。

要するに、緊張状態を和らげることで、発汗を減らすことが出来るということになりますから、自律神経を正常に保つということが、いくら手汗に影響を及ぼすかが分かっていただけるようです。



自分ではコントロール(スポーツなどではひたすら練習することで身につくはずです)出来ないと言われる自律神経(ストレスや不規則な生活、寝不足など様々なことが原因で乱れてしまいがちです)ですが、整えたり訓練することはあるていど可能とされています。




ではでは、今日はそろそろこのあたり、またお会いしましょうね~♪


この記事の関連ワード
制汗剤 緊張 ハンドクリーム 解消法 ツボ 


手汗にツボ押しってどうなんでしょう? [手汗]

コンニチワー皆さま、お元気ですか?

手汗にも効果のあるツボがあることってご存知でしょうか?

このツボを刺激すると、一時的にでも手汗を緩和することができます。

そのツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)とは、「労宮(ろうきゅう)」と呼ばれている掌の真ん中に存在しているツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)です。



ツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)に詳しい方ならわかるように、これは手汗のツボという訳ではありません。

言ってみれば、神経を落ち着かせて、緊張状態を鎮めるツボ(経穴とも呼ばれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)とされているのが労宮です。



御存知のように、手汗は極度の緊張状態から増えると言われているので、労宮のツボ刺激によって緊張を緩めて、手汗を抑えようというものになります。

また、万能と呼ばれているのが、人差し指と親指のちょうど付け根の「合谷(ごうこく)」と呼ばれるツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)です。



万能と呼ばれるだけあって、目の疲れや頭痛(今までに感じたことのないような痛みであるのなら、病院で精密検査を受けた方がいいでしょう)・肩こりなどの身体的症状の緩和と同時に、神経過敏や精神不安にも大きな効果があるとされているツボです。

他には、足のくるぶしから指3本分上にある「復溜(ふくりゅう)」と言ったツボ(WHOでも治療効果が認められていますが、その仕組みについてはまだ解明されていません)も手汗に効果のあるツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)です。



復溜は体の中の水分(あるものに含まれている水のことです)代謝を正常にして、身体の熱を抑える働きもあるため、手汗に特に効果のあるツボと言われています。

同じく、身体の熱を抑える効果のあるツボには、「後谿(こうけい)」と言ったツボ(WHOでも治療効果が認められていますが、その仕組みについてはまだ解明されていません)があるのではないでしょうか。

掌を握ったときに、小指の隣にプクッと膨らみが出るその場所です。



こういった身体の熱を抑えたり、体内の水分代謝を上げたり、精神を落ち着かせて緊張状態をほぐしたりするツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)を幾つか併用すると、数分で効果が見られますので、是非試してみてください。



さてさて、みなさん、本日はここまでですよ♪


この記事の関連ワード
制汗剤 ボトックス フォークダンス ギター 緊張 


手汗対策のオドレミンのお話し [手汗]

おはようございます。皆さまはお元気ですか?

手汗対策の一つとして、オドレミンがあるんでしょう。

オドレミンとは、塩化アルミニウムが配合された日邦薬品の制汗剤のことで、皮膚の汗を抑制し、高い制汗効果を持っているかも知れません。



オドレミンは病院でも多汗症(以前は精神的なストレスや緊張などが原因だといわれていました)の治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)薬として一般的に処方される広く知られている制汗剤(男性は約半?、女性は四人に三人くらいの人が使っているのだとか)で、手だけでなく、ワキや足などにも使うことができるはずです。

使用方法もとても簡単で、入浴(日本人は比較的高い温度のお湯に浸かることを好むようですが、あまり高い温度のお湯に浸かると、心臓に負担をかけてしまいます)して体をきれいに洗い、汗をかきやすい部分に適量を塗るだけでいい為す。



たったこれだけで、汗のかきすぎを抑制することが可能ななんて、信じられないと思っております。

勿論、完全に汗を抑えることはできませんね。

それに、その効果としては個人差があるのです。



ただ、手汗で悩んでいる方が実際にオドレミンを使ったところ、使う前より改善したと感じたではないかと思います。

それに、オドレミンを塗ることによって、安心感を得ることが出来るというのも大きいなのです。

以前よりも不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)や緊張を感じることが少なくなり、汗をかきにくかったと言う人も少なくないのです。



ただ、オドレミンには、制汗効果が高いと言われている塩化アルミニウムは13%程度しか含まれていません。

もっと高い制汗効果を得たいのであれば、塩化アルミニウム水溶液を使用する方がいいでしょう。

そうはいっても、千円くらいの商品なので、手取り合えずオドレミンを試しても良いと思われます。



中には、オドレミンを使用すると、今までの悩みがウソみたいに汗が止まったという方もいるのです。

逆に、全く効果がなかった、痒くなって使えなかったという方もいますので、合う合わないが大きいです。



ということで、嗚呼,気分爽快


この記事の関連ワード
解消法 緊張 子供 フォークダンス 漢方 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。