So-net無料ブログ作成
検索選択

自律神経と手汗のこと [手汗]

おはようですー。今日も読んでくれてありがとうございます。

手汗の原因が自律神経にあるという事は、よく知られているよく知られていることではないでしょうか。

手汗をかく人の全員が自律神経(自分の意思で意識してどうにかすることは難しいといわれています)の問題をかかえているわけではありませんが、それが原因で手汗をかくという人も多いです。



自律神経(バランスが崩れてしまうと、自律神経失調症になってしまいますが、その症状は人によって違います)とは、交感神経(興奮状態にあったり、激しい活動をしている時に活性化する自律神経系の一つです)と副交感神経から出来る為いて、身体を興奮状態にしたり、リラックス(不安や緊張などのネガティブな感情が一切ない状態のことですね)状態にしたりという役割を持っているのです。

これらは、自分で意識してコントロールするのがむつかしいのが特徴でしょう。

自律神経の働きが乱れてしまうと、必要以上の興奮状態・緊張状態となってしまって、その興奮や緊張によっても手汗が増えてしまうと言ったケースがあるのです。



つまり、自律神経の乱れを治す事で、手汗を緩和させることもある程度は可能なということになります。

もともと自律神経は、自分ではコントロール(技術面だけでなく、メンタル面でもできるようになるといいですよね)出来ないものの上に、自律神経失調症(全身に不調が現れることが多く、病院で検査しても原因がわかりません)などによって働きが乱れてしまうと、ますますさまざまな悪影響(青少年への影響が懸念されることが多いものですが、実際にはそれほど影響がないことも)が出てくるようになってしまいます。



交感神経が強く働いて、緊張状態が続くことで発汗が促される傾向があるため、逆に副交感神経(睡眠中やリラックスしている時に活発に働き、体の修復などを行います)が働いたリラックス状態にすれば、自然と発汗も減ると言った考え方になります。

要するに、緊張状態を和らげる事で、発汗を減らすことが出来るということですねから、自律神経を正常に保つということが、いくら手汗に影響を及ぼすかが分かっていただけるとなるのです。



自分ではコントロール出来ないと言われている自律神経(交感神経系と副交感神経系で構成されているようです)かと言って、整えたり訓練するというのはあるていど可能だといわれているのです。



さてさて、じゃんじゃん


この記事の関連ワード
ギター フォークダンス 緊張 解消法 ハンドクリーム 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。