So-net無料ブログ作成

汗かきと運動について! [汗かき]

汗かきと運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)の関係性って、か?

汗かきだと、ちょっと動いただけでも恥ずかしいくらい汗をかいてしまうので、運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)するのが嫌だと思うこともあるかもしれませんね。



また、ただでさえ汗かきなのに、運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)なんてしたら、更に、汗かきになってしまうと心配になる人もいるみたいです。

でも、運動不足の人は、頻繁に言われている悪い汗をかきやすい状態になっているんです。

悪い汗とは悪臭がしたり、雑菌が繁殖しやすい汗のことです。



これは運動不足(ジョギング、ランニングが流行していますが、これまであまり運動していなかったのにいきなり長時間赭ったりすると、膝の故障などが起こってしまいます)のせいで、皮膚(なにやら常在菌がいるとかいうお話しですが、それはちょっと怖いかもです)の抹消血管の血行が悪くなり、汗腺にきちんと酸素が供給されなくなるために起こります。

また、運動不足(現代人は運動不足の人がほとんどでしょう。運動不足は生活習慣病や肥満にも繋がるといわれています)だと皮下脂肪が厚くなって、肥満(体重や体脂肪が多すぎることをいいます)になりがちです。



皮下脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)が厚いと、体の熱が外に逃げにくくなり、汗をかきやすくなります。

脂肪が体の熱の放出をブロックしてしまったりするのは、みるからに肥満体型(体重だけでなく、体脂肪率も気にする必要があります)の人だけじゃなく、内臓脂肪(中高年男性は定期的に健康診断などでチェックした方がいいでしょう)がついている隠れ肥満(肥満だという自覚がない分、進行しやすいかもしれません)の人でも同じです。



中肉中背、あるいは、痩せているのに汗かきだという人は、もしかして、隠れ肥満(運動不足で偏食気味の方は要注意でしょう)なのかもしれません。

若い頃はそうでもなかったのに、中年になって急に汗かきになったという方は、一度健康診断(勤め先などで年に一度実施することも多いですね)を受けてみて下さい。

いずれにしても、汗かきで悩んでいるのなら、できるだけ毎日、有酸素運動を行い、良い汗をかけるようになっましょう。



運動不足(ジョギング、ランニングが流行していますが、これまであまり運動していなかったのにいきなり長時間赭ったりすると、膝の故障などが起こってしまいます)を解消することで、動いても汗をかきにくくなることもあるでしょうし、汗をかいても臭いづらくなると思います。

ウォーキングやサイクリング(ポタリング、ファースト・ラン、ツーリングなどに分けることができます)などの体への負担が少ない有酸素運動を一日30分以上行うのが、汗かきの改善のためにもなるでしょう。



さてさて、・・・と、書いてみるテスト


この記事の関連ワード
ボトックス 手術 ギター マビノギ 制汗剤 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。