So-net無料ブログ作成
検索選択

手汗と自律神経について! [手汗]

こんにちは~、皆様お元気ですか?

手汗の原因が自律神経にあるということは、よく知られている有名なことと思います。

手汗をかく人の全員が自律神経の問題をかかえているわけではありませんが、それが原因で手汗をかくという人も多いんです。



自律神経とは、交感神経と副交感神経から可能だからいて、身体を興奮状態にしたり、リラックス状態にしたりといった役割を持っているのです。

これらは、自分で意識してコントロールするのがむずかしいのが特徴です。

自律神経の働きが乱れてしまうと、必要以上の興奮状態・緊張状態となってしまい、その興奮や緊張によって手汗が増えてしまうというケースがあるでしょう。



つまり、自律神経(交感神経系と副交感神経系で構成されているようです)の乱れを治すことで、手汗を和らげることもある程度は出来るということになります。

もともと自律神経(上手く働かなくなると、全身に深刻な不調が発症するでしょう)は、自分ではコントロール(技術面だけでなく、メンタル面でもできるようになるといいですよね)出来ない物の上に、

自律神経失調症(不規則な生活やストレス、女性ホルモンの影響など、人によって原因も異なります)などによって働きが乱れてしまうと、ますますいろいろな悪影響(青少年への影響が懸念されることが多いものですが、実際にはそれほど影響がないことも)が出てくるようになってしまいます。



交感神経(昼間の活動中に働くことの多い自律神経系ですね)が強く働き、緊張状態が続くことで発汗が促される傾向があるため、逆に副交感神経(睡眠中やリラックスしている時に活発に働き、体の修復などを行います)が働いたリラックス状態にすれば、自然と発汗も減ると言う考え方なんです。

要するに、緊張状態を和らげることで、発汗を減らすことが出来るということになりますから、自律神経を正常に保つということが、いくら手汗に影響を及ぼすかが分かっていただけるようです。



自分ではコントロール(スポーツなどではひたすら練習することで身につくはずです)出来ないと言われる自律神経(ストレスや不規則な生活、寝不足など様々なことが原因で乱れてしまいがちです)ですが、整えたり訓練することはあるていど可能とされています。




ではでは、今日はそろそろこのあたり、またお会いしましょうね~♪


この記事の関連ワード
制汗剤 緊張 ハンドクリーム 解消法 ツボ 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。