So-net無料ブログ作成

手汗にツボ押しってどうなんでしょう? [手汗]

コンニチワー皆さま、お元気ですか?

手汗にも効果のあるツボがあることってご存知でしょうか?

このツボを刺激すると、一時的にでも手汗を緩和することができます。

そのツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)とは、「労宮(ろうきゅう)」と呼ばれている掌の真ん中に存在しているツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)です。



ツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)に詳しい方ならわかるように、これは手汗のツボという訳ではありません。

言ってみれば、神経を落ち着かせて、緊張状態を鎮めるツボ(経穴とも呼ばれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)とされているのが労宮です。



御存知のように、手汗は極度の緊張状態から増えると言われているので、労宮のツボ刺激によって緊張を緩めて、手汗を抑えようというものになります。

また、万能と呼ばれているのが、人差し指と親指のちょうど付け根の「合谷(ごうこく)」と呼ばれるツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)です。



万能と呼ばれるだけあって、目の疲れや頭痛(今までに感じたことのないような痛みであるのなら、病院で精密検査を受けた方がいいでしょう)・肩こりなどの身体的症状の緩和と同時に、神経過敏や精神不安にも大きな効果があるとされているツボです。

他には、足のくるぶしから指3本分上にある「復溜(ふくりゅう)」と言ったツボ(WHOでも治療効果が認められていますが、その仕組みについてはまだ解明されていません)も手汗に効果のあるツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)です。



復溜は体の中の水分(あるものに含まれている水のことです)代謝を正常にして、身体の熱を抑える働きもあるため、手汗に特に効果のあるツボと言われています。

同じく、身体の熱を抑える効果のあるツボには、「後谿(こうけい)」と言ったツボ(WHOでも治療効果が認められていますが、その仕組みについてはまだ解明されていません)があるのではないでしょうか。

掌を握ったときに、小指の隣にプクッと膨らみが出るその場所です。



こういった身体の熱を抑えたり、体内の水分代謝を上げたり、精神を落ち着かせて緊張状態をほぐしたりするツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)を幾つか併用すると、数分で効果が見られますので、是非試してみてください。



さてさて、みなさん、本日はここまでですよ♪


この記事の関連ワード
制汗剤 ボトックス フォークダンス ギター 緊張 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。